トラ技の「Apple Pi」組み立ててみた

トランジスタ技術8月号の基板だけ付いてて、いつもの残りはお買い求めくださいパターンの付録、「Apple Pi」。センサやSW、LED、DACまで載ってるドータボード。
組み立てるのが、けっこう大変だったので、記録。

ま、8月号の定価はいつもと同じだったので、一応付録と認める。(´・ω・`)

dsc_1295

アルコールリンク ☆彡

-info-
希少種を扱うプレミア品特化サイト
九州の希少焼酎も得意

とっとと、発注してれば・・・

8月号発売前から、追加部品が買えることを知っていた。買うとしたら、ポータブルハイレゾプレイヤーが主目的になると思うが、DACはお馴染みのPCM5102Aとわかっていたので、さすがに躊躇していた。すでに、都合3セットもある。

しかし、実際に8月号が発売されると、あっという間に売り切れとなってしまった。しかも、次回入荷未定となっている。人間こうなると不思議なもので、すごく欲しくなってしまう。
アマゾンでは異常な高値で出品されてる。たぶんヤフオクとかでも出回ってるかもしれない。でもそこまでして欲しいわけではないので、いそいそと、入荷日未定のまま通常発注した。発注先は、マルツー。

月日流れること、1ヶ月以上。やっと届いた。

電気工作上級者向けって書いてある
電気工作上級者向けって書いてある

でも、なんかいろいろと遊ぶことがあって、もう10月号が出ようかというところで、組み立て始めた。

1608サイズ

表面実装部品があることは知っていた。でも、1608サイズだった。

1608
1608

1.6x0.8mmは小さい。ちょっと吹き飛んでしまったら、行方不明になること必至。LCDのピッチにあわせてるところはしょうがないとして、それ以外、3216サイズでもいける気がする。
しかも、市販価格で一個一円しないものでも予備品はいれてくれてない。もう、これは悪い予感しかしない。(´・ω・`)

そして事件は起こった

いそいそと、チップ抵抗からはんだづけを始める。フラックスペトペトっと塗って、ピンセットで配置し、逆ピンセットで静かに挟んで、ハンダ付けをする。通常ピトっとハンダごてをあてて、すでに載ってるハンダが解けて染みこむ感じでOKだが、さらにハンダをのせるという念の入れようで作業を進めた。

こんな感じ
こんな感じ

緊張と気合いからか、無難に作業は進んだ。続いて、チップコンデンサ。
そう、慣れ始めたときだ。

ピンっ!

ピンセットで掴み弾いてしまった。勢い良く飛びすぎて、どこに行ったかもわかない。幻のC4事件である。「この部品は最初から無かったんだ」と思うわけにいくはずもなく、激しい後悔の念とともに残りの表面実装部品を、つけ終えた。

空席のC4
空席のC4 この部品は最初から無かったんだ(´・ω・`)

対策を考える

幻のC4どうしよう。ここだけ、普通のセラミックコンデンサでもつけてやろうかとも思ったが、やっぱりかっこ悪い。

一個でいいのだ。どっかでもらえないだろうか。
なんて、みっともないことはできない。潔く、秋月に発注することにした。10μFの1608サイズ10個150円だった。
危なく無くした部品が、1μや0.1μだと、200個100円となる。値段は安いが、199個無駄にすることを思うと、無くしたの10μで良かったと思う謎の安堵感。

しばし、到着を待つ。

その間、DACモジュールだけ(別記事)で遊んでみた。

発注が夜だったので2日後に届く。

1608のチップコンデンサ10μF 10個
1608のチップコンデンサ10μF 10個

とりあえず、これで幻のC4事件は解決した。

説明や構成の不足点

粛々と残りの部品をハンダ付けしていくのだが、
今回のトランジスタ技術のこの企画、8月号本誌の記事の間違いや、わかりにくい点、部品表と異なる型式の部品など、文句(愚痴)が激しく多く出る内容だった。

参考にする情報も、8月号本誌、トラ技のHP製作者のHP製作者の補足pdfと、補足に補足を重ねる形になっており、非常に通してわかりずらい。付録とはいえ、提供側は雑誌+有償パーツの金額に見合う形をもうちょっと意識してほしいなと思った。

なおかつ、それでも比較的基本と思える情報が見つけられず、悩んだ点を結果問題なかったのでメモしておきます。

・PD515A

部品表に載っていないパーツ、PD515Aって何?。PCA9515Aのセカンドソース品ってこと?

PD515Aって?
PD515Aって?

しかも、これ一番ピンわからない。知識が無いだけかもしれないが、この棒のような印字に意味あるのだろうか?データシート等探しまわったけど、はっきり一番ピンがわかる情報にたどりつかなかった。もう、しょうがないので、経験則的にプリント向きの左下を一番ピンと判断してとりつけた。

この向き
この向き

LCD表示も温湿度もとれたので、I2C通ってる。これで大丈夫。

・LED向き

切り込みを合わすって?

切り込みって左の・・・
切り込みって左の・・・

写真で拡大して初めてわかった。ちょっとまっすぐになってる部分のことのようだ。自分にはホールと重なって気づかなかったので、テスタでGNDあたってる左の穴に、LEDの短い足突っ込んだ。
もっとデフォルメするか、「+」って印字してくれるだけでいいのに。
部品に電解コンデンサあったら、どう書いたんだろ。

・赤外線受光モジュール

出っぱってるほうが手前に向く、折り曲げると上をむくようにつければ、正しいようだ。データシート見ると、出っぱり手前にして、右の足がVCCで

CHQ0038のデータシート抜粋
CHQ0038のデータシート抜粋

基板右の穴が3.3Vとつながっていた。

このRがレンズの役目をしているんだろうけど・・・
このRがレンズの役目をしているんだろうけど・・・
アルコールリンク ☆彡

-info-
思わず大人買いしたくなるセットもの豊富
楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤーを5度受賞

完成、動作確認

Raspbian入れて、キーボードとか設定したあと、本誌と補足のとおり、インストールしていく。温湿度気圧受信、LCDの表示、LED、SW、IR受信をざざっと確認できた。

IR受信
IR受信
付属のdemo
付属のdemo

Volumio入れたら、DACも問題なく鳴った。

よーーし、これで、SWやLCDの表示、リモコンが使える、MPDプレイヤー作ろう。

スポンサーリンク

トラ技の「Apple Pi」組み立ててみた」への7件のフィードバック

  1. こうちゃん

    はじめまして.
    私も「ピンっ!」やりました.
    私の場合,C4でしたが.
    その時はたまたまなのか,1608の10u(10個)がなく,4000個とかで売ってましたので,仕方なく,2012の10u(10個)を買ってつけました.

    返信
    1. ルチ

      コメントありがとう。ピンっ!仲間ですね。
      絨毯に埋まりこんだりしたら、もう無理ですね。
      そもそも基板のパターンの大きさも、1608だと大きいなと思ってました。
      実はもともとは2012用じゃないか・・・・まさか、コスト削・・・・・
      まぁ、トラ技のオモシロ提案には感謝なのですけど。

      返信
    1. ルチ

      おお、シンプルで回答の難しいコメント・・・・・ありがとうございます。
      一応、この記事の文章で書いてあるとおりなのですが、一般的な方法を親切に書いてくれてる記事は、ググってみるとけっこう出てきます。
      「チップコンデンサ はんだ付け 1608」みたいな、キーワードで。サイズ違っても、ほぼ同じ方法だとも思います。
      しかし、C3C4以外はつけられたけど、C3C4で何かあったと言う意味だったらどうしよう・・・

      返信
    1. ルチ

      あ、なるほど。
      ①の写真、白い部分はトレーで、その中に小さく2つあるのが見えると思いますが、それが該当のチップコンデンサです。小さすぎるので、このトレーがリール状になった状態で流通しています。
      トレーから取り出すと、②で貼り付けている実際のチップコンデンサそのものになります。
      ちなみに、「1608」はサイズを表していて、1.6mm✕0.8mmの長方形になります。

      返信
      1. 宮田純一

        ありがとうございました
        解決しました
        後は、うまく半田付け出来るかですね
        がんばります

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。