10

ZERO流行り?Orange Piからも、ラインナップされてた。
安価なのは手を出しやすくて助かる。ラズパイZEROと違い、HDMIが無いけど、有線LANと無線LANが標準。USB標準サイズの口が一つある。
とりま、これでハイレゾ鳴らしてみる。I2Sはハードル高そうなので、USBDACを駆動してみる。

LANコネクタが大きく感じる(アンテナ外してます)
LANコネクタが大きく感じる(アンテナ外してます)
アルコールリンク ☆彡

-info-
スタッフ全員がソムリエ
全品日本最安値挑戦中

例によってAliExpress

と、いうか、AliExpressでしか買えないっぽい。

ショップは、Shenzhen Xunlong Software CO.,Limited です。たぶんOrangePiのオフィシャルだよね?それが、AliExpressに入ってる。

ものは、RAM256版と512版があるらしく、大は小かねで512MBを選択。8.99ドル。ついでに、拡張ボード(USB、IR受信、AUDIO出力の拡張)も購入。結果的には、拡張ボード使わなかった。(´・ω・`)

  • New Orange Pi Zero H2 Quad Core Open-source 512MB
  • Orange Pi Zero Expansion board Interface board Development board

あと、送料がそれぞれ3ドルずつかかった。混載関係なし。さすがオフィシャル。
到着は早かった。発注日のうちに発送され、受取まで12日。

さて、どうしよう

OrangePiって、宣伝文句にラズベリーパイ互換云々と書いてあったり、raspbianが動くみたいな紛らわしい書き方をしているけど、ラズパイ用のバイナリがそのまま使えるわけじゃない。※ココ重要
raspbianも、OrangePi用に用意されたものが動くということになる。

つまり、数あるラズパイ用のオーディオパッケージも使えない。

んーーやっぱ、普通にLinuxからの、普通にMPDが手堅いよね。

と、言うことで、さっそく、Linuxイメージを取り寄せる。OrangePiのサポートサイトから、debianやUbuntuのイメージをダウンロードできる。が、先人の知恵を拝借すると、armbianから取り寄せるほうが安定とあるので、素直に従う。※ココ重要

残念なことにarmbianのサイト、Nortonサイトチェックにひっかかる。詳細を見ると、「Limeというボードのバイナリにwebアタックがあるのん」と言っている。真偽はわからないけど、今回はOrangePiなので気にせず進む。

この時の最新

を、ダウンロードし、イメージをmicroSDに書き込む。書き込みは、いつもWin32DiskImagerを使ってる。

この後の作業の流れとしては、

  1. 起動してSSHで接続
  2. MPD,MPCとファイル送り込み用にsambaをインストール
  3. 音源ファイルをコピー
  4. USBDACの設定
  5. MPDクライアントから操作でハイレゾ鳴らす

ところまで。

作業は、rootでやっちゃいます。ユーザでやる場合は、適宜sudo挟んでください。

起動

microSDカードを挿入し、DHCPが有効なネットワークに有線LANケーブルを接続し、電源を投入。
電源は、USB給電可能。実測、MAX0.24Aだったので、一般的な5V1Aのアダプタで間に合うと思う。

mini-USBで給電
mini-USBで給電

初回起動のみゴソゴソ初期化作業が走る。処理段階の見極めとしては、緑LEDが不定期に点滅し、しばらくすると赤LEDが点滅、その後緑LEDが点灯になると、たぶん、無事に起動してる。この間に領域拡張も自動で実行する。(地味に助かる)

起動したら、DHCPで割り付けられたIPアドレスにSSHでターミナル接続。アドレスはDHCPサーバ(一般家庭では、ルータなど)のリース状況で識別できる。MACアドレスはベンダー不明だけど、de-c4-f3で始まってたので、これを目印にしてもわかると思う。

うちのルータのDHCPリース状況を見ると、10.10.10.146らしい。

DHCPで割り付けられたIPアドレス

TERATermでSSH接続。ユーザ「root」、初期パスワード「1234」

ユーザ「root」、パスワード「1234」
ユーザ「root」、パスワード「1234」

無事接続できると、rootのパスワード変更と、ユーザ作成のスクリプトが走る。今回作業はrootでやるので、設定するrootのパスワードだけ忘れない。あとは適当。

初回起動のキャプ
初回起動のキャプ

mpd mpc sambaのインストール

まず、お約束

アプリインストール

以上。(´・ω・`)

例えば、mpcコマンド打ってみる。

と反応する。

sambaを設定

とりあえず、音源ファイルを転送するためsambaの設定する。sambaしかけておくと、windowsなどからネットワークドライブとして扱えるようになる。

smb.confの最後に以下を追加

これを保存(nanoの場合、ctrl-o enter で保存、ctrl-xでnano終了)すると、sambaリスタートしなくても、共有フォルダが見えるようになる。(不思議だ)
windowsのエクスプローラから、¥¥IPアドレスでアクセスすると、設定したshareフォルダが見えるはず。

shareが見える
shareが見える

shareフォルダに移動し、音源ファイルをここにコピーする。

音源ファイルコピー
音源ファイルコピー

コピーが終われば、mpdのDBを更新しておく

USBDACの設定

ここが肝だよね。シレッと、基本自動認識される前提で書いてるのは内緒。
実験対象は、過去に組み立てた、こちらのUSBDAC

まず、認識前のaplay -l

orange pi zeroのUSBポートにUSBDACを接続。

USB接続
USB接続

接続後のaplay -l

と、いうことで、card 2として、認識。

このカード情報を、mpd.confのaudio_outputの記述があるところに追加する。

  • type:alsa
  • name:適当
  • dsd_usb:dsd対応DACであればyes 非対応ならこの行不要
  • device:[hw:][card nの横のキーワード],[deviceの数字]

設定後、mpdをリスタート。

これで、準備完了

mpdクライアントから鳴らす

windowsやスマホアプリのmpdクライアントから、mpdにアクセスして音源を鳴らす。スマホでやりたいので、android用を検索してみると、たくさん出てくる。そのなかでも、MPDroidやM.A.L.Pの評価が高いみたい。

2つ試してみて、操作性で、MPDroid > M.A.L.Pだったので、MPDroid紹介。

MPDroidをインストール、起動後、IPアドレスを設定
menu > Settings > Connection settings > Default connection settings > Host

MPDのIPアドレスを設定
MPDのIPアドレスを設定

出力先をUSBDACに設定
menu > Outputs

USBDACを指定
USBDACを指定

あとは、menu > Library を見ると、コピーしていた音源ファイルが見えているはず。これをプレイリストに登録して再生する。

選んで追加
選んで追加

鳴らしてみて

音源ファイルがローカルにあるからだとも思うけど、PCM352.8KHz/24bitもDSD256もストレス無く鳴りきる。
あと、MPDクライアントからの操作が滑らか。サクサク動くとはこのことだな。

PCM
PCM352.8KHz
DSD256
DSD256

まとめ

ハードウェアを自動認識してくれる限り、Linuxって便利だなぁとつくづく思う。
ネットワーク内にNASやDLNAサーバ構築してるけど、どうせ聴くのはアルバム10枚ほどのヘビロテだし、この環境で十分じゃないかと思ってきた。何より、軽いのが良い。

またの機会に、激安中華DDCや市販DACでも試してみます。あと、I2Sも。

おまけ

シリアルコンソールが、はじめから使える。上記手順では使わなかったけど、SSHが繋がらないなどのトラブルシューティングや、起動終了のログをみたりできる。

手前の3ピン、左からSEND、RECV、GND
手前の3ピン、左からSEND、RECV、GND

こういうシリアル変換ケーブルを使うと簡単

USBシリアル変換
USBシリアル変換ケーブル
こんな感じで繋ぎます
こんな感じで繋ぎます

TERATermをUSBシリアルのCOMで繋ぎ、通信設定は、115200bps、8bit、ノンパリ、1stopbitに設定。

起動時のログキャプ
起動時のログキャプ

あと、いりそうなコマンド

  • シャットダウンは、shutdown -h now
  • リブートは、reboot

あと、やりがちなミス

  • ファイルコピーしたあとの、mpc update 忘れ
    updateは、MPDクライアントのメニューにあるものもある
    mpd.confに自動アップデートの設定もある

 

サイト内関連記事