激安トランジスタテスターを試す

amzonで激安のトランジスタテスターを見つけたので買ってみた。

目的は、コンプリメンタリトランジスタの選定。
グラフィック表示で、ゼロプレッシャーICソケット式。これで、1630円(関東送料込)は、完全に安い。ちゃんと動けばだけど・・・

 

トランジスタテスター
トランジスタテスター

amazonで発注。発注から10日で届いた。
ポスト投函で、ビニール封筒の普通の国際郵便。ただ製品は、ちゃんと帯電防止袋に入っていて、緩衝材でくるまれており、破損汚れなどは無かった。

アルコールリンク ☆彡

-info-
モンドセレクション12年連続金賞受賞蔵より直送
日本酒を贈り物にするなら

動作確認

9V乾電池を接続し、TESTボタンで計測、OFFボタンで終了という簡単仕様。
とりあえず、なにも繋がずにTESTボタンを押してみた。

なるほど、なるほど
なるほど、なるほど

「知らんか、壊れてるか」とな。なるほどなるほど。動いているよう。

では、トランジスタ、1815の黄色品を測定。

おお、なんか、かっこいい。
1815Y測定。おお、なんか、かっこいい。

なんかそれっぽいけど、思ってたよりhFE高めな気がする。
この123は、ソケットのピン番号。ピン番号と言ってもICのそれとは違い、左から「1233123」と並んでいる。測定対象の足が、いずれかの123の位置に入っていればOK。上下は同じピン番号。なので、測定のピン位置を変えても、いずれかの123にあたっていれば、

測定ピン位置を変えても同じ
測定ピン位置を変えても同じ

このように、同じ結果になる。これは、測定対象の都合に合わせられるから、すばらしい気配り仕様と思う。

何回か測定すると、hFEは213か214を表示していたので、微妙なばらつき具合から、ちゃんと測定している雰囲気はにじみ出ている。

精度検証

今まで、トランジスタのhFEを測定するときは、決めた電流を抵抗で作ってベースに流し、出力電流をテスタで測っていた。しょっちゅうすることではないので、測定の度にブレッドボードに部品を載せて準備していた。まぁ、めんどくさい。

上で測定に使ったトランジスタを、この方法で測定してみた。

176
176

10μAをベースに流したので、1.76mAで176倍となる。
つまりhFEは176。(´・ω・`)
10μAもトランジスタに通電しながら調整したし、うむむむむ。

トランジスタテスター213、俺測定176。どっちがおかしいのだろうか。

ちな、1815の緑品。

1815G測定
1815G測定

429。1815黄色との性能比は正しそうだけど、やっぱ、hFE429は大きい気がする。

そのほかの測定

一応、測定できるものは、トランジスタだけじゃない。
売り文句には、

NPNおよびPNPトランジスタ、NチャネルとPチャネルMOSFET、ダイオード、サイリスタ、抵抗器、コンデンサ

とある。

以下、結果。

コメントのテスタ測定結果は、sanwaのCD771使用。

10.04kΩの金属抵抗
10KΩ(テスタ実測10.04kΩ)の金属抵抗
スイッチングダイオード 1N4148
スイッチングダイオード 1N4148
12.47μFの無極性電解コンデンサ
10μF(テスタ実測12.47μF)の無極性電解コンデンサ
10.89μFのオーディオ用電解コンデンサ
10μF(テスタ実測10.89μF)のオーディオ用電解コンデンサ
パワートランジスタ 2SA1488
パワートランジスタ 2SA1488
NchパワーMOSFET K2232
NchパワーMOSFET K2232

コンデンサはテスタ実測と近い値が出てる。抵抗も近似製品がわかるからあまり問題は感じない。
あと、コンデンサはESRも出てたので、100μF電解コンデンサの普通とオーディオ用の比較測定もしてみた。

普通の100μF
普通の100μF
オーディオ用の100μF
オーディオ用の100μF

やっぱり、オーディオ用のほうが、ESR低いのね。
ちなみに100μFは、テスタだと容量オーバーで測れない。しかし、この製品は2200μFでも測定できた。

ニョキッと2200μF
ニョキッと2200μF
アルコールリンク ☆彡

-info-
2016年モンドセレクション金賞&iTQi最優秀
味覚賞受賞蔵 甘酒は女性にも人気

結論

同じものを何度測定しても、ちゃんと同じ値が出るので

コンプリメンタリトランジスタを探す分には、まったく困らない。むしろ、手軽に測定できるメリットは大きい

と、割り切る!(´・ω・`)

測定値誤差があっても、増幅率以外は近似製品値が判別つくし。
1630円だと十分お買い得と思った。

 

★以下2016/9/20追記

校正モード発見

123を短絡してテストを開始すると、校正モードになった。ほとんどは内部の部品で校正されるようだけど、最後のフェーズだけ、0.1μFのコンデンサが必要になる。

クリップで挟んだピンを挿入して短絡
クリップで挟んだピンを挿入して短絡

全部で10フェーズ

1.フェーズ1~4 ピン123短絡

テスト開始
テスト開始

2.フェーズ5~9 ピン123開放

開放プリーズ!
開放プリーズ!

3.フェーズ10  0.1μFのコンデンサをピン1、3に挿入

100nF 1,3に
100nF 1,3に

完了すると、通常テストに移行した。

100.4nFだそうです
100.4nFだそうです

校正後、

ほとんど、変わらず。

そりゃ、そうか。抵抗はテスタより構成前低めに出てたけど、高めに出るようになった。誤差の割合は変わらない。

この校正モードを知ったきっかっけは、どうもこのトランジスタテスターは有志が作成公表したオープン仕様のようで、それを商用利用(合法かどうかは不明)ものみたい。で、その仕様で作られたものにこの校正モードがあったので、試すと同じように動いた。

さらに激安発見

Amazonで散策すると、関連商品がアフィリエイトに勝手に表示される。ふだんウザいけど、たまに便利な機能。そこになんと、980円(関東送料込み)のLCRテスター!?。

ボタンひとつ基板一枚で構成してローコスト化したものか?載ってる部品は、そっくりなので、おそらく同じ仕様。なので性能は同程度と予想できる。
部品が背面になるので、足つけてもカバーてきなものはあったほうがいいかもしれない。日本だと部品代だけで980円超えるだろうな。。。やっぱ中国すげぇな。

赤い基板が好きなので、まぁいっか、と割り切る。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。