デスクトップオーディオ用のスピーカーをバージョンアップしようと、Web眺めてたら、FOSTEXの自作セットを見つけました。
フォステクス FOSTEXKANSPI-10 [かんすぴセット 10cm]
これだと、ユニット交換で更なるバージョンアップもできる。しかもミニアンプがついてる。これはちょっとしたテストにも助かる。

早速発注。

アルコールリンク ☆彡

-info-
岡山のうまい地酒
大切な人へのギフトに花束ラッピング

組み立て

組み立てと言っても、ネジ留めだけ。

組み立て
組み立て

木ねじなので、ネジ穴を自分で作るのにキリのようなものがあると良い
スピーカーユニットの配線はコネクタになってるので、ハンダ付けは必須ではないです。私は、ユニット取り替えることがあったらめんどくさいので、ハンダなしにしました。

スーパーツイーター追加

完成後、しばらく使ってみました。
このスピーカー、中低音部はそこそこ鳴っているのですが、高音部がものたりなく感じます。そこで、ツイーター足しました。「DigiFi」の2015年11月号の付録についていたスーパーツイーターです。

スーパーツイーター
スーパーツイーター

ふふ、ハイレゾ対応!(´・ω・`)
スーパーツイータは100均の万力で固定。これで、バイオリンのグギャッ!って音も満足できるくらい来るようになりました。パーソナルオーディオとしては十分な音です。

カンスピハイレゾセットも

あと追記。この記事を書いているときに、かんすぴのハイレゾ版がラインナップされてることを知りました。

これ、アンプ付きUSBDAC「PC200USB-HR」がセットなんだけど、アナログ入力無いし、DACとしてもPCM96KHzまでって、ちょっと役者不足だね。単品の価格のわりに残念。

👍生あたたかいサポート用ボタン