Win10 USB AUDIO CLASS 2.0に対応

いや、これも知らんかったというだけの話しなのですが、Windows10でUSB AUDIO CLASS 2.0がサポートされてました。これによりASIO無しでも、ハイビットレートPCMやDSD再生ができます。
これによるメリットはと・・・・・・・・うーーーん、これも今ASIOで鳴ってれば、特にはありませんが・・(´・ω・`)

ま、でも、検証してみたので、寄稿。

DSD128 WASAPIでキタコレ

WindowsでDSD

2017年4月のWindows10大型アップデートの「windows10 creators update」が実施されました。あんまり、どこにも載ってないのですが、しれっとUSB AUDIO CLASS 2.0が標準サポートになりました。(インサイダプレビューには、けっこう前から入ってましたが、やっと正式に!)

USB-DAC(DDC)側が、USB AUDIO CLASS 2.0をサポートしていれば、この標準のドライバで認識できることになります。ちな、今入手できるUSB-DAC(DDC)は、ほとんどサポートしていると思われます。なぜなら、他のOSではとっくにサポートされているから。(´・ω・`)

メリットないかなと前文で書きましたが、強いて書くとすると、新しくPCにセットアップするとき、ドライバ無ければ、ただの箱(板)状態を回避することはできる。

でも、デバイスメーカーがドライバ用意しているのであれば、サポート面や独自の付加機能があったりすることもあるので、現状はそれをさしおいてWin標準を使う理由はないかもしれません。

あ、表題DSDですが、そもそもネイティブDSDは対応していませんでした。それはUSB AUDIO CLASS 2.0でも同じで、DSDはあくまでDoPでの対応になると思います。
ちなみに、1.0でもDoP使えば、ギリDSD64ぐらいは通せるぐらいの性能はあると思いますが、USB-DAC(DDC)側が、1.0を受け付けないようになってるものがほとんどで、実質不可でした。(そりゃ、高級ハイレゾDACが、勝手に標準ドライバ1.0で認識してしまって、ハイビットレート扱えないではトラブルの元だよね)
XMOSの資料見てると、1.0を有効にするには!みたいな内容あったので、標準はOFFにしてるんだなと、別の視点からもそう理解してます。

まとめると、USB AUDIO CLASS 2.0になって、ハイビットレートで転送できるから、DSDもDoPでもがんがん転送できるぜ!となります。

※上記緑字、裏取れてません。間違ってれば(緑字にかぎらず・・)教えてくだしあ。

Windows10のバージョン

USB AUDIO CLASS 2.0対応のWindows10のバージョンは、「1703」となります。

現在のバージョン情報は、「システム」で確認できます。左下(標準状態)のウィンドウズアイコンを右クリックのテキストメニューの中から「システム」を選択。

バージョン1703

バージョンが1703未満であれば、対応前のバージョンとなります。すぐに上げるには、手動でのアップデートが必要です。アプデ方法の参考にASCIIさんの記事など。(Enterprise版は、MSDNからイメージ取得要)

ちな、このアップデート、ものすごく時間がかかります。回線の太い環境で、時間のあるときに実施をオススメします。

アップデート実施は個人の判断です。アップデート自体に伴うトラブルは免責で。

USB認識具合のビフォア、アフター

対象DACは、いつもの組み立てUSBDAC。XMOSのDDCが入ってます。
この確認のために、古いバージョンのPCを別途用意した俺、豆やわ。

  • バージョン1607
認識されているが、ドライバあたっていない

「ほかのデバイス」に、DIYINHK USB AUDIO 2.0があり、ドライバがあたっていない。この状態では、アプリからは使えない。

  • バージョン1703
オーディオに追加された

無事、自動でドライバがあたり、「オーディオの入力および出力」に、DIYINHK USB AUDIO 2.0が。これでアプリから使える。(後述)
あ、でも、DIYINHK DFUが「ほかのデバイス」に残ってる。DFUってなんだっけか?

・ドライバのプロパティ

ドライバのプロパティ

Microsoft謹製ドライバ(´・ω・`)、タイムスタンプはけっこう最近ですね。

さて、foobarで使う

foobar本体、コンポーネントは最新を使おう。すでに持ってたバージョンでやりくりしようとしたら、まったく鳴らせなかった。

  • 試したバージョンと取得先
  1. foobar2000 v1.3.15
  2. foo_input_sacd 1.0.9
  3. foo_out_wasapi 3.2.3
  • コンポーネントの登録状況
有効なコンポーネント

foobarインストール後、この画面でコンポーネントをインストール。再起動要。ごらんのとおり、ASIOなくてもOK

  • OUTPUTのDEVICEは、[DSD : WASAPI (push) : デバイス名]を選ぶ。
DSD : WASAPI (push) : ほげほげを選ぶ

push、eventは、アプリとドライバのデータの渡し方の違い。pushはアプリ側から能動的にデータを渡す。eventはドライバ側からの手上げで渡す。PCの性能的な問題や、他に動いてるアプリの都合とかで選べば良いのだろうけど、どっちでも良いと思う。

  • OUTPUTのOutput format
24ビットオススメ

32ビット使うことって今のところないよね、24ビットがおすすめ。DoPも24ビット↑が必要。

・SACDは当然こうだ!

DSD DSD DSD !!!

今のところ設定はこんなものです。

鳴らしてみる

  • 音源フォルダのパスを登録
音源のパスを登録

音源を格納しているパスを追加します。
OKクリックで、ほどなくAlbum Listに楽曲が表示されるので、ツリー上のお好みの階層で、Enterキー押せば、PlayListに登録され再生開始されます。

  • DSD64
DSD64
きたこれ
  • DSD256
DSD256
きたこれ
  • PCM352.8KHz
PCM352.8KHz
きたこれ
  • DSD512
すいません

すいません、調子にのりました。。

ASIOと共存

DACのメーカー提供のドライバをインストールして、ASIOのコンポーネント登録すれば、ASIOも選べます。もちろん、WASAPIも選べます。聴き比べてみても良いかもしれません。変わるはず無いはずですが・・・・・

まぁ、見にくい

この項目、別のUSB-DAC(DDC)繋ぐともれなく、7項目ずつ増えていきます。まぁ、いいけど。(´・ω・`)

まとめ

ハイレゾ再生機として、Windowsもやっと世間並みになったということか。反面、なんでも簡単になると、なぜか価値が下がってくる気がするマニア気質。どうしたものか。

あー、ASIOでも同じなんだけど、解決してない問題があって、DSD256まで対応というDDCだとDSD128まで、DSD512対応というDDCだとDSD256までしか、うまくいかない。MAXレートとDoPの不要部分が影響してる気がするんだけど、だれか、ヒントくだしあ。

ASIOって、ネィティブとDoPの切り替えって、どこでできるんだろう。昔は、チェックボックスあったような。何かコンポーネントいるのかな。。。

 

以下追記 2017.6.18

foobar2000のDSD再生方法の謎が解けた

foobar2000、途中のバージョンから、DSDはDoPのみのサポートに変わってたらしい。まじか、けっこう悩んだぞ。(´・ω・`)

しかし、「DSD Transcoder」という、DoPをDSD ネイティブに変換してASIOに流し込んでくれるfoobar用のドライバが、2017.4.26にリリースされていて、これをインストールすると、DSDネイティブを扱うことができた。(ネイティブと判断したのは、DoPだと物理的な転送レートの上限を超えるエラー(ちょうど、↑記事のDSD512のパターンのエラー)が出るところ、回避できたから)

DSD512キタコレ

ただ、音が変。ノイズまみれの向こうに曲が。

条件はそろったし、「わーい」と思ってたら、組み立てDAC側のAK4490EQ、DSD256までだった。。。。冷静に思い出してみたら、ラズパイのネイティブ実験のときも同じ現象だった気がする。

と、いうことで、ASIOの優位性が再浮上。USB AUDIO CLASS 2.0で同じことができるようになる日は果たして来るのか?仕様の説明からは、無理そうだけど。。。

DSD256↑なんて、耳的にも、データの流通的にも、オーバースペックすぎるので、聴けたという経験値だけで十分なのだけど、聴けないとなると悔しいな。

謎解きに参考になった先人のページを敬意を表してペタリ

ハイレゾ情報局 by 日本語化工房さんの

日本語化工房さんの

 

サイト内関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。